こしゃってマルシェについて

「こしゃって」は「作って」という意味の庄内弁。

『農』『食』『手しごと』をキーワードに、丹精込めて作ったものが集まるマルシェ(市場)です。


ストーリーのつまった採れたての野菜や果物。

思いのこもった食べ物、飲み物。

手作り雑貨が紡ぎ出す物語り。


こうしたストーリーに耳を傾け、作り手とお客さんが出会い、言葉を交わすことで、「農」「食」「手しごと」はもっともっと身近で愛情あふれたものになっていきます。今ここにある豊かさをみんなで味わう“場”に。そして、そのつながりが日常の暮らしへと広がっていきますように。


まわりは田んぼ、田舎のまんなか。こしゃってマルシェ広場でお会いしましょう。

/////////////////////  お店  /////////////////////

手づくりをテーマにした『農』『食』『手しごと』のお店が約30店。


///////////////  ワークショップ  /////////////

庄内・つるおかの素材や食材をつかって、この地域での暮らしが楽しくなるような体験を。季節ごとに内容が変わります。お買い物といっしょにお楽しみください。


  <木のこと森のこと>

   森のソムリエさんによるワークショップ。森と木の楽しみ方のヒントがいっぱい!

  <umuiのこしらえる会>

   自分で考えこしらえて、レシピを暮らしに持ち帰るワークショップ。地域の食材をつかってつくります。

  <やまがたこどもアトリエの ”こしゃってみよう!”>

   こころ動くままに手を動かしながら、ものづくり。こどもも大人もこしゃってみよう!

  <こしゃって工房>

   身近な森で育った木でDIY。くしびきこしゃってプロジェクトのワークショップです。


///// こしゃってマルシェの楽しみ方  /////

<その1>ゴミ削減のため、お買い物バッグ、マイ箸などのご協力をお願いします。その他、お店ごとにマイカップなどでの提供をされるお店も増えてきました。なるべくゴミを出さずにみんなで工夫して行けたらと考えています。

<その2>お店で出た食器などのゴミは各ブースに設置のゴミ袋へ。「おいしかったよ」の言葉も添えたらみんな嬉しい!マルシェ会場のゴミ箱の設置はございません。その他のゴミはお持ち帰りにご協力をお願いいたします。

<その3>晴れたら木陰のピクニックエリアでピクニック。レジャーシートを持ってきてね。 

<その4>授乳室やおむつ替えスペースがございます。ご家族みなさんでいらしてください。


『くしびきこしゃってプロジェクト』とは?

『手づくり』をテーマに、様々な「出会い」「つながり」を通じて、この地域に暮らす魅力を共有していくことを目的とし活動しています。庄内・鶴岡らしい暮らし方や知恵は、今ここにある豊かさ。その豊かさをみんなで思い切り味わう“もの”や“場”をこしゃっています。


当たり前すぎて、地元の人のほうが価値を忘れかけている豊かな地域資源---地域の自然や文化、つながりをもう一度見つめなおし、編集。地域の元気や、この地域に住む人々の個性豊かな暮らしに貢献するためのプロジェクトです。そして…大きな夢ではありますが、今参加してくれているこどもたちが将来大きくなった時に誇りに思える地元を残したい。そしてその「誇りに思える地元」をまた何かの形でつなげていくベースになっていったらいいなという思いで、動いています。

 今よりちょっと面白い地域の未来のために。いっしょに活動するこしゃって仲間も募集中です。