Tae

記事一覧(89)

森と木のべんきょう会VOL.9

 面積の約7割が森林で覆われている山形県。実は、鶴岡市も約7割が森林です。身近にあるのに身近に感じることが少なかったかもしれない、地域の森のこと・木のことを、学んで、触って、楽しむワークショップを開催します。 9回目となる今回は、「森の木のスプーン」と「カトラリーレスト」を作ります。東北の森育ち“シュリザクラ”で、自分だけの木のスプーンをつくりましょう。スプーンのくぼみを彫って、手と口になじむよう周りを削り込みます。くるみオイルをすり込んだら、できあがり。そして、同時進行で「工房げるぐど」さんによる、こどもたちだけのワークショップも。なんでも手づくり季節のわくわく木工やります。森の素材であそびましょう。お昼のお楽しみは「薪」で「じゃがバター&にんじん」と「ダッチオーブンの特製プリン」づくり。月山高原で育ったじゃがいもとにんじんはダッチオーブンの中に。薪で上下から加熱すれば、驚くほど甘くしっとり柔らかくなります。デザートのプリンもダッチオーブンで調理。絵本の中に出てきそうな、おおきな特製プリンです。もちろん、つくったばかりのスプーンを使ってみるのもいいですね。薪の火を囲みながら、エネルギーのことも考えてみましょう〜 木に触れ、森を身近に感じる一日。木って面白い!森ってすごい!そんなわくわくが待っていますよ♪----------------------------------------------------------------『森と木のべんきょう会vol.9』〜森の木のスプーン&カトラリーレストづくり〜【要予約】<日時>11/11(日)9:30~13:30 第一部 9:30~12:10 第二部 12:20~13:30<対象>親子、大人  20組(木工は小学校高学年以上向けの内容ですが、キッズワークショップもご用意していますので、小学生未満のお子様はご相談ください。キッズワークショップは要申込、参加無料です。)<参加費>¥1800(デザートスプーン1本、カトラリーレスト2個、じゃがバターランチお一人分)¥1900(食事スプーン1本、カトラリーレスト2個、じゃがバターランチお一人分)¥2000(サーブスプーン1本、カトラリーレスト2個、じゃがバターランチお一人分) ※親子参加など同伴者がいる場合は、食事分お一人につき¥500が別にかかります。<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)_____________________________<申し込み方法>下記申込フォームからお申込みください。 goo.gl/yXbjRB<申込み締め切り>2018年11月9日(金)昼12:00まで。申込み多数の場合は先着順---------------------------------------------------------------【お問い合せ】くしびきこしゃってプロジェクト   Email koshatteproject@gmail.com   TEL 080-1816-1687(担当:佐藤)【主催】くしびきこしゃってプロジェクト【共催】まちづくり塾櫛引グループ【講師】家具工房 結 桑原信之、工房げるぐど 稲田瑛乃【協力】humming DESIGN※ この事業は、やまがた緑環境税を活用しています。

《秋WS》薪と炭でこしらえる会〜羽釜で炊いた新米食べよう〜

薪と木炭のエネルギーを使って調理する『薪と炭でこしらえる会』。2回目となる秋は、新米を羽釜で炊いてみます。普段は炊飯器などで炊くごはん。薪で火加減しながら、羽釜で炊くごはんはどんな味わいかな?エネルギーについても体験し、考えてみる、そしてもちろん美味しい〜プログラムです。 
今回のメニューは「好きな具入れよう♪新米おむすび」。お米は、「菜ぁ」さんの新米ひとめぼれ!炊きあがったごはんで、みんなでおむすびをこしらえます。umuiさん特製ごはんに合う具材の中から好きなものを数種選んで。ビーマンや薬味を混ぜ込んだ味噌を炙って「焼き味噌」をこしらえたり、おむすびに巻く海苔を炙ったり、薪をくべ、炭火の火加減もしながら、ガスや電気の調理との違いを味わいましょう。 講師はumuiのサトウエミコさん。 「こしらえる会」は、一般的な料理教室とは違って、考え、身体で覚え、身につける会。今回は、アウトドアに会場をうつして、こしゃってマルシェ広場を会場に薪と炭でのこしらえる会です。 
「好きな具入れよう♪新米おむすび」づくりは、随時ブースにて受付ますが、羽釜ごはんづくりにも参加したい!という方は、9:45~10:15の30分程度ブースにてごはんを炊きますので是非こちらもご参加ください!「はじめちょろちょろ中ぱっぱ ぶつぶついうころ火を引いて ひと握りのわら燃やし 赤子泣くともふた取るな」をやりますよ〜!(ぜひ!) 
そして。このワークショップでは、できるだけゴミを出さないように、お気に入りのお皿をお持ちください。(お持ちでない方へはリユース食器もご用意しています。)木陰のベンチで食べ終わったら、ウエスで拭いて返却します。 マルシェという場で、シンプルに持続性ある器や袋でやりとりしたい。その工夫をするための一歩を小さくだけど踏みだすために、ゴミの削減にもぜひぜひご協力をおねがいします。 新米をとにかく楽しみたい方、電気やガス以外のエネルギーで調理してみたい方、おいしいもの好きな方…ぜひぜひご一緒しましょう♪ 
--------------------------------------------------------------- 
『薪と炭でこしらえる会〜羽釜で炊いた新米食べよう〜』【当日受付】  <日時>2018/10/7 Sun  10:00〜15:00 (数量限定・材料がなくなり次第終了)<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)
     屋外特設会場 <内容>①羽釜で新米ごはんを薪のエネルギーで調理します。(9:45~10:15約30分)       ②その後、umuiさん特製ごはんに合う具材の中から好きなものを選んで自分のおむすびをつくります。(随時受付:15〜20分) <講師>umui サトウエミコ <参加料>700円 <メニュー>好きな具入れよう♪新米おむすび(umuiさん特製ごはんに合う具材数種) <対象>火を使うWSですので、お子さまは親御さんとご一緒にどうぞ。 <持ち物>マイ箸・お皿(お持ちでない方へはリユース食器をご用意します)  ---------------------------------------------------------------- こしゃってマルシェ秋 <日時>2018/10/7Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     ---------------------------------------------------------------- 
umui サトウエミコ 1972年生。群馬県出身、山形県北村山郡大石田町次年子在住。東京にてイタリアンや和食の店などで働いたのち、自身の体調不良や家族の食生活のあり方、外食産業の食材の使い方に疑問を感じ、wwc japanの起業スクールを経て、2011年4月、東京都内に自然食カフェ「Umui」 をオープン。14年5月、家族の再生、食への追求、地方でこそ真実を知れると信じて、Umui を閉店し、家族で新庄市へと移住。その後、家庭の事情で1人次年子に移住。現在は、山形県内で開催されるマルシェに出店する他、東根のカフェシオンにて毎週火曜日に料理を出している。次年子は廃校利用した陶芸家の工房の二階にてアトリエ兼カフェを開いている。カフェは週末、イベントがない時は営業。「東京・神奈川巡業」や、各地で場を借りて、伝承野菜や郷土料理のみならず、物語や生活も伝えるごはんの会を開くなど草の根的な活動を展開している。大学時代から飲食業に携わること20年以上。2人の息子の母でもある。  

《秋WS》木のこと森のこと「森の素材で木工クラフト!」

秋の「木のこと森のことワークショップ」は、森の素材を使った木工クラフト。 山形大学農学部サークル「森の民」のみなさんを講師に迎えて、手を動かしものづくりの時間を楽しみます。ドングリや松ぼっくりを使って、自由な発想で楽しみましょう!出来た作品はお持ち帰りできます(^_^)  〜山形大学農学部サークル「森の民」さんよりヒトコト〜 私たち森の民は木工クラフト体験を行っています!材料は木の円盤やドングリ、松ぼっくりなど森にある素材を使います。
自由な発想力で作品づくりを楽しみましょう! ぜひ、お友達やご家族で気軽に遊びに来てください♪ 〜「森の民」プロフィール〜 私たちは主に大学の演習林で活動してます!自分達で集めた材料で木工クラフト体験を開いたり、演習林では子供たちと一緒に森を楽しむ「森の学校」を開催しています。 ---------------------------------------------------------------- 木のこと森のこと「森の素材で木工クラフト!」 <日時>2018/10/7Sun  10:00〜15:00
 <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)
 <内容>木工クラフト体験
 <講師>森の民(山形大学農学部サークル)
 <参加料>100円(当日随時受付)
 <対象>ちいさいお子さんは親御さんとご一緒にどうぞ^^ ---------------------------------------------------------------- こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7 Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地) ---------------------------------------------------------------- 

《秋》農つくり手さん

こしゃってマルシェ秋は、10/7(日)開催。 つくり手さんが出揃いました! 
今日は「農」の出店者さんからご紹介します。 旬の野菜や果物に農産加工品、農産物でつくった食べ物・飲み物。
つくり手さんと言葉を交わしながらのお買い物をぜひお楽しみください。   ストーリーがつまった採れたての野菜や果物。   思いのこもった食べ物・飲み物。   手づくり雑貨が紡ぎ出す物語り。 
こうしたストーリーに耳を傾け、いまここにある豊かさをみんなで味わう『場』に。 そしてそのつながりが日常の暮らしへと広がっていきますように---。 こしゃってマルシェ広場でお会いしましょう! //////////////////////////////////////  【こしゃってマルシェ秋 農のつくり手さん】(順不同)  ○野菜農場叶野(野菜、フライドポテト、揚げピザなど/鶴岡市)○大沼養蜂(純粋天然はちみつ、はちみつジャム など/真室川町) ○かしの木農園(自家製穀物と季節の農産物の焼菓子/鶴岡市)○黒川まるいし農場(ふりかけ、七味、ハーブソルトの調合体験/鶴岡市) ○蛸井農園(季節の果物/鶴岡市) ○柿守人(森の柿の葉茶/鶴岡市) ○鈴木屋本店(生きくらげ、干しきくらげ など/鶴岡市)※FBページにてつくり手さんのご紹介ご覧いただけます↓農のつくり手さん ////////////////////////////////////// こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7 Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     
イベント詳細更新中!↓
https://koshatte.amebaownd.com/pages/1580271/page_201801181032 ////////////////////////////////////// 

《秋》手しごとつくり手さんご紹介

こしゃってマルシェ秋は、10/7(日)開催。 つくり手さんが出揃いました! 
今日は「手しごと」の出店者さんをご紹介します。 暮らしになじむ木・革・布・陶…編み、染め、手刺繍の手しごとたち。つくり手さんと言葉を交わしながらのお買い物をぜひお楽しみください。   ストーリーがつまった採れたての野菜や果物。   思いのこもった食べ物・飲み物。   手づくり雑貨が紡ぎ出す物語り。 
こうしたストーリーに耳を傾け、いまここにある豊かさをみんなで味わう『場』に。 そしてそのつながりが日常の暮らしへと広がっていきますように---。こしゃってマルシェでお会いしましょう! ////////////////////////////////////// 【こしゃってマルシェ秋 「手しごと」出店者さん】(順不同) ○陶芸 土田英里子(陶器/鶴岡市) ○Brillar(手刺繍の巾着などの布小物/酒田市) ○ ルナリズム 心とカラダに宿る月のリズム(手作り布ナプキン・アイピローなどの販売/鶴岡市) ○ neneco(布小物、アクセサリー/庄内町) ○ 遊 民(マクラメのプランツハンガー、インテリア雑貨など/鶴岡市) ○ mother woods+(レザーアクセサリー、流木や自然素材を使った物/鶴岡市) ○ 刺し勇(庄内刺し子/鶴岡市) ○ 7-Colors鶴岡ガラスアート工房(ガラスアクセサリー、グラスの塗り絵体験/鶴岡市) ○こしゃって工房(木工DIYキット、家具など/鶴岡市)○ 花のアトリエ チョコレートコスモス(稲穂のリース、野の花のリース、季節の花など/三川町) ○ 結 rin-ne(洋服、バッグ、エプロンなど/村山市) ○ クレイの会(陶芸/鶴岡市) ○ LinkUp(つまみ細工、ニット小物/鶴岡市) ○ アルクハナ商店(刺繍ブローチ、ステーショナリー など/酒田市) ○ 堀江 遼子(陶製オブジェ、陶器/鶴岡市) ○ ハンドメイドアクセサリーのんのんめいど(ヘアアクセサリー、WS/鶴岡市) ○ CALM(ヘナタトゥー、ヘナアート小物/西村山郡河北町) ○ 小華日和(和小物・ぬいぐるみ販売、WS/酒田市) ○ スイーツClayチャーム(スイーツモチーフのアクセサリー/鶴岡市) ○ 虹の癒しインテリア カラーdeサンキャッチャーnanea(サンキャッチャーの販売、ミニサンキャッチャーのワークショップ/鶴岡市) ○ green+F MOMO(植物や多肉植物のギャザリング寄せ植え/新潟県)※FBで詳細のご紹介ご覧いただけます↓手しごとつくり手さん・その1手しごとつくり手さん・その2 ////////////////////////////////////// こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7 Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     
イベント詳細更新中!↓
https://koshatte.amebaownd.com/pages/1580271/page_201801181032 ////////////////////////////////////// 

《秋》食のつくり手さん

こしゃってマルシェ秋は、 10/7(日)開催。 つくり手さんが出揃いました! 今日は「食」の出店者さんをご紹介します。 お買い物の合間に、おいしい食べ物のみものでひとやすみ。つくる時間もぜひじっくりと、つくり手さんと言葉を交わしながらのお買い物をお楽しみいただけると嬉しい限りです。   ストーリーがつまった採れたての野菜や果物。   思いのこもった食べ物・飲み物。   手づくり雑貨が紡ぎ出す物語り。 こうしたストーリーに耳を傾け、いまここにある豊かさをみんなで味わう『場』に。 そしてそのつながりが日常の暮らしへと広がっていきますように---。こしゃってマルシェ広場でお会いしましょう! ////////////////////////////////////// 【こしゃってマルシェ秋 「食」出店者さん】 ○コーヒー屋パラディーゾ(スペシャリティコーヒーテイクアウト、コーヒー豆/鶴岡市)※テイクアウトのご提供でマイカップ割引あり。 ○Share Cafe おおきな木(自家製酵母パン/鶴岡市) ○イタリアンフレンチ レコルト(庄内こめ豚とキノコのクリーム煮込みなど/鶴岡市) ○みずほカレー部ハラダのカレー(庄内豚のスパイスポークカレー/庄内町) ○bakehouse82no28(マフィン、スコーン、レモネードなど/仙台市) ○風の森のログハウスカフェ オルファ(自家製ベーコンのガレット、月山ピザ/鶴岡市) ○アイシングクッキー教室 anmecco(アイシングクッキーの販売・WS/鶴岡市) ○自家焙煎珈琲の店bino(スペシャルティコーヒー、豆の販売/新庄市) ○Happygate(やきいもクレープ、シルクだんごなど/鶴岡市) ○もみじが丘(ケーキ・焼き菓子、布小物/鶴岡市) ○1 Blue(庄内産のドライフルーツを使ったエネルギーバー/鶴岡市) ○Michi(ホットサンド、もつ煮/鶴岡市) ○ おむすび大地(おむすび、特製唐揚げなど/鶴岡市) ○ カフェフクダエン(抹茶ドリンク/新庄市) ※fbページにて出店者さんの紹介させていただいています!////////////////////////////////////// こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7 Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     イベント詳細更新中!↓
https://koshatte.amebaownd.com/pa…/1580271/page_201801181032 //////////////////////////////////////

《秋WS》「みんなのダンス。」

 そよそよ秋風。今日もこしゃってマルシェ広場の木陰や草むらには気持ちいい葉音が。木漏れ日がきざむのは、おひさまのリズム。近くや遠くの田んぼでは稲狩りの真っ最中… そんなマルシェの会場で、秋に企画しているのが「みんなのダンス。」 気持ちいい風が吹いて思わず手を広げたり、水溜まりに傘で絵を描いたり、友達とまたね!とハイタッチしたり。ふとした瞬間にちょっと心が動いたら、もうそれはダンスなのだそう!今回、コミュニティダンスをファシリテートしていただくのは原田香織さん。 
コミュニティダンスとは、子どもから高齢者まで障がいや経験のあるなしに関わらずできるダンスです。原田さんは、アーティストが加わることで「誰もがダンスを創れる、踊れる」ことを楽しんでもらうこと、ダンスの力で教育や福祉、地域活性化などに活用することを目的として活動されています。 
下手だし恥ずかしいなぁって気持ちは横に置いておいて、ちょっと輪に入ってみましょう。「誰もがダンスを創れる・踊れる」ことを楽しんでみる。そうしたら、ダンスは意外とみんなの(そう、私もあなたも入ってるみんなの!)ダンスなのです。途中参加も大歓迎です。当日は会場でご一緒しましょう♪ ….. 
~原田香織さんよりヒトコト~ いろいろあっていい!ばらばらでもいい!上手、下手とかではなくて、おもしろみのある身体の動きをたくさん発見していきましょう。心が動いたらそれはダンス!! ---------------------------------------------------------------- こしゃって秋のワークショップ「みんなのダンス。」【当日受付】 <日時>2018/10/7 Sun  ⑴10:00~10:40 ⑵12:30〜13:10 ⑶14:20~15:00
 <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)
 <内容>コミュニティダンス
 <ファシリテーター>原田香織
 <参加料>無料(WS会場にて随時受付け、途中参加可)
 <対象>3歳〜小学生低学年くらい(もう少し大きくてもOK) ---------------------------------------------------------------- こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     ※雨天時は屋内会場にて開催。        
 ---------------------------------------------------------------- ファシリテーター: 原田香織 コミュニティダンスとは、子どもから高齢者まで障がいや経験のあるなしに関わらずできるダンスです。アーティストが加わり、「誰もがダンスを創れる、踊れる」ことを楽しんでもらうこと、ダンスの力で教育や福祉、地域活性化などに活用することを目的として活動しています。 

《秋WS》おはなしひろばde marche 10/7 Sun

秋もこしゃってマルシェに「おはなしひろば」がやってきますよ〜! 『大地に根付いて 実りの秋』をテーマに、おはなしの世界が広がります。15〜20分のプログラムですので、ぜひぜひこの時間をめがけてお越しくださいね。  〜じかん〜    ①11:00〜11:15 ②13:00〜13:15 〜プログラム・1回目〜 ・ 手遊び&ペープサート
・ 大型絵本
・ 紙芝居
・ 絵本 〜プログラム・2回目〜 ・ 大型絵本
・ 絵本
・ 絵本
・ 
〜おはなしひろばさんからヒトコト〜 こんにちは!昨年からこしゃってマルシェに参加して、絵本の読み聞かせをしながらみなさんと一緒に季節を感じながら楽しんでいます。今回は、スタッフ6人が秋にはこれを!のおすすめをそれぞれご用意します。 樹々の葉が緑色濃く茂る中に、ぶどう・なし・りんごが顔をのぞかせています。果物が実りおいしい季節になりました。甘酸っぱい実を食べるととっても幸せな気持ちになり、思わずにっこり。そんな時に親子で絵本を手に取ってみませんか?こどもを膝にのせ、絵本を呼んでみると、大人もこどももこころがほっこりしてくるものです。 
当日は、プログラム以外にも『大地に根付いて 実りの秋』のテーマで絵本をお持ちします。お楽しみに♪ ////////////////////////////////////// おはなしひろばde marche <日時>2018/10/7 Sun  ①11:00〜11:15 ②13:00〜13:15     申込み不要・参加は無料です。
 <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     屋内おはなしひろば会場
 <講師>おはなしひろば ////////////////////////////////////// こしゃってマルシェ秋 <日時>2018/10/7Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)   ※雨天時は屋内会場にて開催 ////////////////////////////////////// 

《秋WS》こしゃって工房「広葉樹の木べら・バターナイフづくり」10/7Sun

面積の約7割が森林の山形県。 
なんと、鶴岡市も約7割が森林です。 本当はとても身近にある「地域の森のこと・木のこと」を、体験や自分たちの暮らしで使ってみることを通してもっと身近に。 そこに住まう人の暮らしに森をすこしだけつなげるのが「こしゃって工房」です。 学んで、触って、考える。時には楽しく、時には本格的に真剣に。 木って面白い。 森ってすごい。 
そんなわくわくが、これからの鶴岡の森林を考えるきっかけになりますように。そんな思いで取り組んでいます。 …..

今回つくるのは、「東北の森育ちのクルミの樹の木べら」。 そして好評だった「いろいろ広葉樹のバターナイフ」。
お好みの材料を選んで、小刀で好みの形に削ったら、ペーパーで整えて。ウッドバーニングで日付けやサインをしてもOK。仕上げにクルミオイルを刷り込んだら、完成です。 
形が少々いびつでも、自分で頑張ってつくった道具には愛着がわくものです。自作の木べらやバターナイフは、きっと長く暮らしになじむ道具になってくれることでしょう^^ お申し込みはこちらから ---------------------------------------------------------------- こしゃって工房「広葉樹の木べら・バターナイフづくり」 <日時>2018/10/7 Sun  10:00〜15:00(所要時間30分〜1時間/14:20最終受付) <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地) <内容>好きな樹を選んで、小刀とペーパーで形作ります。仕上げにクルミオイルをすり込みます。 <講師>くしびきこしゃってプロジェクト <参加料>木べら1200円、バターナイフ800円 <対象>小学校高学年くらいから(刃物を使用します) <協力>工房結 桑原信之、ハミングデザイン ※ このワークショップは、やまがたみどり環境税を活用しています。 ※ 当日受付もしますが、木べらの材料に限りがあるため、事前にお申し込みいただけますようお願い致します。申込みフォーム ---------------------------------------------------------------- こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)
    ※雨天時は屋内会場にて開催。        ----------------------------------------------------------------

《秋WS》化学であそぼう!『ピタゴラスイッチとぶくぶく体験』【要申込み】10/7Sun

高専生と一緒に作ろう!学ぼう!今回は「ピタゴラスイッチとぶくぶく実験」をします。ピタゴラスイッチってぶくぶく体験って何だろう!? …..秋は化学であそんでみませんか?

Eテレで大人気「ピタゴラスイッチ」のピタゴラ装置を親子で一緒に作りましょう!木製の積み木やドミノ、レールはもちろん、高専にある機械実習工場で使わなくなった廃材や空き缶なども利用してピタゴラスイッチを作ります。

仕掛けの中には、身近なお菓子や飲み物を使った化学実験も盛り込んだぶくぶくしゅわしゅわな装置も…。 
高専のお兄さんお姉さんが解説してくれるので、遊ぶだけではなく仕組みもしっかり学べるプログラムです。親子で一緒に作って遊んで学んでみましょう!  当日はなんと、大きいスーパーボールもみんなで手づくり。それを転がします。お土産に手作りバスボムもあるそうなので、お楽しみに♪ぜひぜひご参加ください。 ※ 申込みフォーム  ---------------------------------------------------------------- 
科学であそぼう!『ピタゴラスイッチとぶくぶく体験』【要申込み】  <日時>2018/10/7 Sun  ⑴10:00~11:30(受付終了しました) ⑵13:00~14:30(所要時間90分) <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)屋内特設会場 <内容>スーパーボールづくり、ピタゴラ装置づくり、ピタゴラスイッチに挑戦!、手づくりバスボムづくり <講師>鶴岡高専 <参加料>一人100円 <対象>3歳~小学校低学年の親子(午前・午後 各8組) <持ち物>マグカップ ※ このワークショップは平成30年度「鶴岡いきいきまちづくり事業」補助事業です。 ※ 事前申込みのワークショップです。空きがあれば開始30分前の当日受付もありますが、事前のお申し込みをお願いします。申込みフォーム ---------------------------------------------------------------- こしゃってマルシェ 秋 <日時>2018/10/7Sun 10:00〜15:00 <会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     ※雨天時は屋内会場にて開催。    ----------------------------------------------------------------

《お知らせ》こしゃってマルシェ秋2018/10/7Sun出店者さん募集しています

現在こしゃってマルシェに出店したい方を募集中です。 募集しているのは、2018/10/7Sun開催の『こしゃってマルシェ秋』。 出店してみたいなというつくり手のかた、ぜひぜひ一度ご覧ください! 
出店したい方へ こしゃってマルシェとは 
こしゃってマルシェで「農」「食」「手しごと」の手づくり品を販売してみませんか? 「こしゃって」は「作って」という意味の庄内弁。「農」「食」「手しごと」をキーワードに、丹誠込めて作ったものが集まる場所です。手づくり品を通して、人と地域・作り手とお客さん・自然や文化を次世代へ、それぞれをつなぐ場 としてのマルシェ(市場)を開催し、地域の元気につなげていきたいと考えています。  ストーリーがつまった採れたての野菜や果物。  思いのこもった食べ物や飲み物。  手づくり雑貨が紡ぎ出す物語り。…こだわって作られたものには、魅力的なストーリーがあるものです。こうしたストーリーに耳を傾け、作り手とお客さんが出会い、お互いに言葉を交わすことで、「食」「農」「手しごと」はもっともっと身近で愛情にあふれたものになっていきます。 つくり手の顔が見えるものを選ぶ楽しみを、それぞれの暮らしに持ち帰る楽しみを、出店者の皆さんとお客さん、地域の皆さんと共有していけたら嬉しいです。