blog

季節を楽しんで、手を動かしてものづくり。

切ったり貼ったり描いたりして、今回つくるのは、なんと春の山の恵みの「山菜」!


「山菜」ってどんなカタチをしているのかな?

くるくる、ひょろり、スーッ、クネクネ、シュッ…

よく観察してみると山菜ってとってもおもしろい形!!

食べて美味しいだけじゃないんです。


山菜は、2個つくって1個はお持ち帰り、1個はダンボル山に。

ダンボル山を山菜でいっぱいにしよう〜どんなお山になるか、お楽しみに♪ 

山菜採りのようにみんなの作品を見ていただけるようにしたいと思います。

山菜採りのみのご参加もぜひどうぞ♪


〜講師よりヒトコト〜

みんなでぽかぽかのおいしい春を楽しみたいです!


----------------------------------------------------------------

「ダンボル山の山菜採り」【当日受付】

<日時>2019/5/12 Sun  10:00〜15:00

 <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

 <内容>工作で山菜づくり、ひとつはダンボル山にもうひとつはお持ち帰り

 <講師>工房げるぐど 稲田瑛乃

 <参加料>100円(当日随時受付)

 <対象>ちいさいお子さんは親御さんとご一緒にどうぞ^^

----------------------------------------------------------------

こしゃってマルシェ 春

<日時>2019/5/12 Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地) 

----------------------------------------------------------------

工房げるぐど 稲田瑛乃 プロフィール

「げるぐど 」は、庄内弁であしのはえたおたまじゃくしのことです。 大人と子どものあいだで身の回りからわくわくを生む創作工房です

面積の約7割が森林の山形県。

なんと、鶴岡市も約7割が森林です。

本当はとても身近にある「地域の森のこと・木のこと」を、体験や自分たちの暮らしで使ってみることを通してもっと身近に。

そこに住まう人の暮らしに森をすこしだけつなげるのが「こしゃって工房」です。

学んで、触って、考える。時には楽しく、時には本格的に真剣に。

木って面白い。 森ってすごい。

そんなわくわくが、これからの鶴岡の森林を考えるきっかけになりますように。そんな思いで取り組んでいます。


今回つくるのは、東北の森育ちのシュリザクラでつくる「マイ箸置き」。前回までに好評だった「いろいろ広葉樹のバターナイフ」などの材料もご用意してお待ちしています。


お好みの材料を選んで、丸ノミや小刀で好みの形に削ったら、ペーパーで整えて。ウッドバーニングで日付けやサインをしてもOK。お絵かきも楽しめます。仕上げにクルミオイルを刷り込んだら、完成!


形が少々いびつでも、自分で頑張ってつくった道具には愛着がわくものです。自作の道具は、きっと長く暮らしになじんでくれることでしょう^^

----------------------------------------------------------------

こしゃって工房「マイ箸置きをこしゃってみよう」【当日受付】

<日時>2019/5/12 Sun  10:00〜15:00(所要時間20分〜1時間)

 <場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

 <内容>好きな樹を選んで、丸ノミ・小刀・ペーパーで形作ります。ウッドバーニングでお絵かき、仕上げにクルミオイルをすり込みます。

 <講師>くしびきこしゃってプロジェクト

 <参加料>箸置き(2個)300円、バターナイフ800円

 <対象>小学校中学年くらいから

 <協力>工房結 桑原信之

----------------------------------------------------------------

こしゃってマルシェ 春

<日時>2019/5/12 Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

    ※雨天時は屋内2会場にて開催。       

----------------------------------------------------------------

『つるおか杉のつみ木』、春のマルシェでもつみ木コーナーつくります♪

みんなで遊びましょう。


地元の大工さんに一次加工をしていただいて、プロジェクトのみんなと仕上げたこのつみ木。つみ木なんだけど…木組みでできた「ブロック」のような要素もあるので、どんどん積み上げ組み上げたり、バランスをとったり。大人も自由な発想で遊んでみると、結構夢中であそんでしまう…そんなつみ木なのです。


こどもたちの遊ぶ様子を見ていると、大人の想像を遥かにこえた遊び方で、様々な遊び方が出来ることが判明。つるおか杉の柔らかな肌触りを感じながら、さて、大人も子どもも頭を柔らかくして遊びましょう〜


----------------------------------------------------------------

「つるおか杉のつみ木」

製作:くしびきこしゃってプロジェクト

加工:秋山工務店

デザイン:ハミングデザイン

----------------------------------------------------------------

こしゃってマルシェ 春

<日時>2019/5/12Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場

(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)     

----------------------------------------------------------------


春もこしゃってマルシェに「おはなしひろば」がやってきますよ〜!

季節のお話をテーマに、絵本からおはなしの世界が広がります。15〜20分のプログラムですので、ぜひぜひこの時間をめがけてお越しくださいね。


〜じかん〜

① 11:00〜11:15 ②13:00〜13:15


〜おはなしひろばさんからヒトコト〜

こんにちは!こしゃってマルシェに参加して、絵本の読み聞かせをしながらみなさんと一緒に季節を感じながら楽しんでいる「おはなしひろば」です。今回は、春のおすすめをご用意します。


新緑が美しく、ほおをなでる風が心地よく感じられる季節になりました。春の自然にたっぷり触れながら、親子で出かけ、おはなしの世界を楽しんでみませんか?当日は、プログラム以外にも春に読みたい絵本をお持ちします。お楽しみに♪


//////////////////////////////////////

おはなしひろばde marche

<日時>2019/5/12 Sun  ①11:00〜11:15 ②13:00〜13:15 

   申込み不要・参加は無料です。

<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

    屋内おはなしひろば会場

<講師>おはなしひろば

//////////////////////////////////////

こしゃってマルシェ春

<日時>2019/5/12Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

  ※雨天時は屋内2会場にて開催

//////////////////////////////////////

食のワークショップのもう一つが「味覚の授業」。

美味しいを見つけるためには、基本を知ってみることが大切とおっしゃるのが講師の umuiのサトウエミコさん。旨味、塩味、甘味、酸味、苦味の「五味」をそれぞれ各回のテーマに、「食をつくることの基本」を学びます。

まずは、旨味、塩味、甘味、酸味、苦味の「五味」を比べます。普段比べることのない調味料をくらべて味を知ることで、体に優しいというのはなにかを考えてみましょう。その後、実践として食事をつくり、理解を深めるワークショップです。この「五味」、単体だけでなく、五味のバランスを取ると味も決まり体も喜ぶ、といった料理の味付けをする際の考え方のひとつにもなっていきますので、全4回通してのご参加もぜひお待ちしています。

1回目は『旨味を知る』。

まずは、出しの引き方、出しの在り方、出しの味比べをします。実践の調理は、出汁に塩と野菜でお惣菜と汁をつくり、そこにご飯をつけて 一汁一菜でいただきます。

講師はumuiのサトウエミコさん。

これまで「こしらえる会」として、こしゃってマルシェ内でも食のワークショップを開いていただいていましたが、この春からは、基本を深く学ぶところから「味覚の授業」としてスタートします。「毎日の食事」はもちろん、「衣・住」やそこから繋がる社会に至るまで、基本を深く学ぶことで、その繋がりに気がついていってもらえたら。そんな思いで開催するワークショップです。ぜひぜひ、ご参加お待ちしています。

----------------------------------------------------------------

〜umuiエミコさんからヒトコト〜

自然の旨味というものを知ることで、ひいては野菜本来の美味しさ、調味料の大切さを知り、また成人病や若年性の病気の予防にも繋がります。

日々の食事だからこそ、身体に良く無いものを蓄積するのではなく、良いものを取り入れ吸収することができます。

----------------------------------------------------------------

味覚の授業『1回目:旨味を知る』【要申込み】

<日時>2019/5/12 Sun  10:00〜13:30

<場所>こしゃってマルシェ会場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

     生涯学習センター内 1F生活実習室

<内容>出しの引き方、出しの在り方 出しの味比べ 、実践的に料理に生かす、試食会(メニュー:出汁に塩と野菜で作った惣菜と汁物、ご飯の一汁一菜)

<講師>umui サトウエミコ

<参加料>3000円

<持ち物>エプロン、筆記用具、タッパー

<申込み方法>

以下の申込みフォームからお申し込みください。5/10(金)締切。申込多数の場合は、定員に達しましたら締め切らせていただきます。

【お申込みフォームはこちら↓】

https://bit.ly/2Pl6PM4

※食材の準備の関係で、直前のキャンセルはお控えください。直前のキャンセルの場合は食材費をお支払いいただくことがありますのでご了承ください。

----------------------------------------------------------------

こしゃってマルシェ春

<日時>2019/5/12Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地) 

※雨天時は屋内2会場にて開催。   

----------------------------------------------------------------

umui サトウエミコ

1972年生。群馬県出身、山形県北村山郡大石田町次年子在住。東京にてイタリアンや和食の店などで働いたのち、自身の体調不良や家族の食生活のあり方、外食産業の食材の使い方に疑問を感じ、wwc japanの起業スクールを経て、2011年4月、東京都内に自然食カフェ「Umui」 をオープン。14年5月、家族の再生、食への追求、地方でこそ真実を知れると信じて、Umui を閉店し、家族で新庄市へと移住。その後、家庭の事情で1人次年子に移住。現在は、山形県内で開催されるマルシェに出店する他、東根のカフェシオンにて毎週火曜日に料理を出している。次年子は廃校利用した陶芸家の工房の二階にてアトリエ兼カフェを開いている。カフェは週末、イベントがない時は営業。「東京・神奈川巡業」や、各地で場を借りて、伝承野菜や郷土料理のみならず、物語や生活も伝えるごはんの会を開くなど草の根的な活動を展開している。大学時代から飲食業に携わること20年以上。2人の息子の母でもある。