blog


面積の約7割が森林の山形県。

 なんと、鶴岡市も約7割が森林です。

 本当はとても身近にある「地域の森のこと・木のこと」を、

体験や自分たちの暮らしで使ってみることを通してもっと身近に。 


そこに住まう人の暮らしに森をすこしだけつなげるのが「こしゃって工房」です。

 学んで、触って、考える。時には楽しく、時には本格的に真剣に。

 木って面白い。 森ってすごい。 そんなわくわくが、

これからの鶴岡の森林を考えるきっかけになりますように。

そんな思いで取り組んでいます。 


 ….. 今回つくるのは、「広葉樹のバターナイフ」。 

東北の森育ちの樹をあつめました。 


お好みの樹を選んで、小刀で好みの形に削ったら、ペーパーで整えて。

ウッドバーニングで日付けやサインをしてもOK。

仕上げにクルミオイルを刷り込んで、完成です。

 形が少々いびつでも、自分で頑張ってつくった道具には愛着がわくものです。

自作のバターナイフで食べる朝食は、きっと格別ですよ^^


 ---------------------------------------------------------------- 

こしゃって工房「広葉樹のバターナイフづくり」 

<日時>2018/5/13 Sun  10:00〜15:00(所要時間30分〜1時間)  

<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)  

<内容>好きな樹を選んで、小刀とペーパーで形作ります。仕上げにクルミオイルをすり込みます。 <講師>くしびきこしゃってプロジェクト 

<参加料>800円  

<対象>小学校高学年くらいから (小刀やカンナなどの刃物を使います)

---------------------------------------------------------------- 

こしゃってマルシェ 春 

<日時>2018/5/13Sun 10:00〜15:00 

<会場>こしゃってマルシェ広場 (住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)      

---------------------------------------------------------------- 

春のものづくりは「温めOK小豆のアイピロー」。

よもぎと紅花の草木染めの生地でつくります。


 そのままの温度でもアイピローとして日々の疲れを癒すのにも心地いい重さの「小豆のアイピロー」ですが、小豆はそれ自体に水分を含んでいるため電子レンジなどで温めると湿熱になってじんわり温かい「小豆カイロ」にもなるのです。 目を酷使している方、コリや冷えが気になる方、じんわり目元を温める小豆アイピローで疲労回復いかがでしょうか。


この日は実は母の日!

繰り返し使えるので、お母さんへのプレゼントに手づくりのアイピローもいいかもしれません♪ 

『ルナリズム 心とカラダに宿る月のリズム』さんと『neneco』さんと一緒に楽しくソーイングしましょう。 


冬に比べて活動量が多くなる春ですが、じんわり優しい温かさの「小豆のアイピロー」でいたわりながら、身体もゆるやかに季節になじませていきましょう〜。


 ※数量限定のワークショップです。当日受付も行ないますが、事前のお申し込みをお勧めします。ご予約の方は下記の申込みフォームからお申込みください。

 goo.gl/HoXn3g 

----------------------------------------------------------------

 草木染め生地でつくる「温めOK小豆のアイピロー」【予約&当日受付】 

<日時>2018/5/13 Sun(所要時間:30〜60分) 

① 10:00〜11:00 ② 11:00〜12:00 ③ 12:00〜13:00 ④ 13:00〜14:00 ⑤ 14:00〜15:00  

<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

      屋内特設ブース  

<内容>目の疲れや冷えのお話/小豆のアイピローづくり(生地は猫型、よもぎ染め、紅花染めから1種類)/ラッピング(必要な方のみ)  

<講師>ルナリズム 心とカラダに宿る月のリズム・neneco  

<参加料>1,500円  

<対象>ミシンか手縫いでつくります。お子様は親御さん同伴でお願いします。  

<持ち物>ミシンや裁縫道具はご用意いたしますが、使い慣れた物をご持参いただいても。   

<申し込み>リンク先の申込みフォームへご記入お願い致します。 goo.gl/HoXn3g  

<このWSの問合せ>https://www.facebook.com/luna.rhythm/ もしくは、FBイベントページにコメントください。


 ---------------------------------------------------------------- 

こしゃってマルシェ 春 

 <日時>2018/5/13 Sun 10:00〜15:00 

<会場>こしゃってマルシェ広場 (住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

    ….. イベント詳細HPにて更新中!↓ 

    https://koshatte.amebaownd.com/pages/889850/page_201703100030

---------------------------------------------------------------- 

『ルナリズム 心とカラダに宿る月のリズム』 

冷え性や月経痛や月経不順などで困っている女性に、気楽に生理ライフを送れるような手段を楽しく伝える事と、活用していただく事で地域の女性がより活き活きと明るく過ごせることを願っています。https://www.facebook.com/luna.rhythm/ 

 『neneco』 

子どもから大人まで可愛くなれるアクセサリー作りを目指して取り組んでいます。作品に、輸入生地を使用したポーチやコットンパールやレジン、アンティークボタンを使用したアクセサリーなど。    


春もこしゃってマルシェに「おはなしひろば」がやってきますよ〜! 

『空と大地』をテーマに、おはなしの世界が広がります。

15〜20分のプログラムですので、ぜひぜひこの時間をめがけてお越しくださいね。


 〜じかん〜 

①11:00〜11:15 ②13:00〜13:15

 〜プログラム〜 

・ 絵本「そらいろのたね」

・ 絵芝居「こぎつねコンチ」 …など


 〜おはなしひろばさんからヒトコト〜 

こんにちは!いつもはくしびき図書館で読み聞かせをしています。 昨年からこしゃってマルシェに参加して、絵本の読み聞かせをしながらみなさんと一緒に季節を感じながら楽しんでいます。 

さわやかな風に新緑がキラキラ輝き、見上げるとすっきりとした空。春のにおいを感じながら親子で出かけ、お話しを楽しんでみませんか?

 当日は、プログラム以外にも『空と大地』のテーマで絵本をお持ちします。お楽しみに♪

 ////////////////////////////////////// 

おはなしひろばde marche 

<日時>2018/5/13 Sun  ①11:00〜11:15 ②13:00〜13:15

     申込み不要・参加は無料です。  

<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

     屋内おはなしひろば会場

 <内容>絵本「そらいろのたね」/絵芝居「こぎつねコンチ」…など  

<講師>おはなしひろば 



////////////////////////////////////// 

こしゃってマルシェ 春 

<日時>2018/2/11 Sun 10:00〜15:00 

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

イベント情報更新中!↓

https://koshatte.amebaownd.com/pages/889850/page_201703100030 

//////////////////////////////////////  

こんにちは。

くしびきも桜満開。すっかり春の空気で、外が心地いい季節になってきました。


春のこしゃってマルシェは5/13(日)開催。

今年のマルシェのリーフレットがやっと完成しました!


これから各所に置かせていただきます!

見かけたらぜひお手に取ってみてくださいね^^

まだまだ雪は残っているものの、櫛引もだんだんと春めいてきました!

長い冬を通り抜け、今日のように青空が見える日は本当にウキウキしてきます。


さてさて、現在こしゃってマルシェに出店したい方を募集中です。

募集しているのは、2018/5/13Sun開催の『こしゃってマルシェ春』。

出店してみたいなというつくり手のかた、ぜひぜひ一度ご覧ください!


出店したい方へ

こしゃってマルシェとは


こしゃってマルシェで「農」「食」「手しごと」の手づくり品を販売してみませんか? 「こしゃって」は「作って」という意味の庄内弁。「農」「食」「手しごと」をキーワードに、丹誠込めて作ったものが集まる場所です。手づくり品を通して、人と地域・作り手とお客さん・自然や文化を次世代へ、それぞれをつなぐ場 としてのマルシェ(市場)を開催し、地域の元気につなげていきたいと考えています。 ストーリーがつまった採れたての野菜や果物。思いのこもった食べ物や飲み物。手づくり雑貨が紡ぎ出す物語り。…こだわって作られたものには、魅力的なストーリーがあるものです。こうしたストーリーに耳を傾け、作り手とお客さんが出会い、お互いに言葉を交わすことで、「食」「農」「手しごと」はもっともっと身近で愛情にあふれたものになっていきます。 つくり手の顔が見えるものを選ぶ楽しみを、それぞれの暮らしに持ち帰る楽しみを、出店者の皆さんとお客さん、地域の皆さんと共有していけたら嬉しいです。