blog

みなさん、この週末をどんな風に過ごしましたか?

くしびきは、時折晴れの肌寒い週末。

木々は芽吹いていて「赤川の土手をお散歩でもしよう!」とは思ったものの、なんとなくこもっていた週末でした。


新型コロナウイルスの感染状況を追えば、心を締め付けられるような状況が。

今も国内、そして世界中で起こっています。

今私たちがやるべきことは、一体なんなんだろうと、思いをぐるぐる巡らせた週末でもありました。



さて、私たちくしびきこしゃってプロジェクトは、「こしゃってマルシェ春」の開催に向けて、規模を縮小・内容を変更し、今私たちがどのようにできるかを考え準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、「集える場」を作ることを今すべきではないと判断し、5/24(日)に開催予定だった「こしゃってマルシェ春」の開催中止を決めました。

春夏秋冬年4回の開催で、6年。地域の方に関わっていただく方々に育ててもらい、大型台風など大変な状況の時も続けてきたマルシェですので、正直にいうと、今中止の判断をするかどうかはとてもとても悩みました。

「地域の人が楽しく過ごせるような集える場を」というのがこしゃってマルシェのコンセプトです。

「集える場」という実際に顔を合わせ会話をかわすリアルな場だけでなく、また別の方法での「場」がもしかしたら作れるのかもしれません。マルシェは中止になりますが、今に合った、こしゃってらしい、こしゃってプロジェクトができることを、考えていけたらと思っています。


夏の開催に関しても、状況が改善するかどうかはわかりません。

しかし、もう少しじっくりと検討をして行きたいと考えています。

再開の時期が決まりましたら、またこちらでお知らせしたいと思います。



またこしゃってマルシェ広場で、みなさんにお会いできることを、願ってやみません。

このマルシェだけでなく「集える場」に楽しく無理なく集えるような日常を、

そして新型コロナウイルスの収束を…願っています。

それまでは、それぞれの場所で、日々を健康に過ごせるように。

家族や周りの人とできる対策を施していきましょう。

日曜日、

こしゃってマルシェ冬にお越しいただきましたみなさま、

本当にありがとうございました!!


前の週にはまるでなかった雪も降り、

冬のこしゃってマルシェらしい景色に。

吹雪くのが冬。吹雪くのが櫛引。

「開催しますか?」という問い合わせもなく、

多くのみなさんに足を運んでいただきました。(感謝)


お買い物を楽しんでいただいたみなさま、

ワークショップにご参加いただいたみなさま、

つくり手のみなさま、

ワークショップ講師のみなさま、

スタッフ・ボランティアのみなさんにその家族の方々、

本当にありがとうございました!!!!!


2014年夏に第一回目を開催した「こしゃってマルシェ」も、

気がつけば6年目。

ひとえに関わっていただく多くの方々のおかげで

この「場」を開くことができています。

時折吹雪く冬の1日に、みなさんとご一緒できたことは感謝しかありません。

本当にありがとうございました!

............................


この「こしゃってマルシェ」を運営しているのは、

庄内やくしびき地域に暮らす20〜40代の様々な仕事を持つスタッフ数名。

それぞれの余暇を使って運営しているのがこしゃってマルシェです。

今回ちょっと、いや、とっっっってもいいことが。

山添高校のみなさんにもボランティアでお手伝いいただいているのですが、

これまでボランティアで来てくれていたこの春卒業の子が、

春からは、こしゃってプロジェクトのスタッフとしてやりたいとのことで、

新しく10代のメンバーが加わってくれることに!!!パチパチパチ…

いや〜とっても嬉しいです。嬉しいのです。

............................


そして、来年度のスケジュールも決定しました。

来年度もどうぞ…こしゃってマルシェをよろしくお願いします!

【こしゃってマルシェ春】2020年5月24日(日)

【こしゃってマルシェ夏】2020年7月12日(日)

【こしゃってマルシェ秋】2020年10月4日(日)

【こしゃってマルシェ冬】2021年2月7日(日)

次回は「こしゃってマルシェ春」

田植え後の春にまた、こしゃってマルシェ会場でまたお会いできると嬉しいです。

どうぞお楽しみに。

............................



薄い杉の板とヘアピンを使って、「カリンバ」をつくります♪

楽器ができたら、スタンプしたりお絵描きしたりして完成!

ポロンポロンと演奏してみましょう!


「カリンバ」は、指で弾いて演奏するアフリカの楽器で、独特の音階もあるのです。

ヘアピンでつくったカリンバはどんな音が鳴るのかな?

工房げるぐど カツヲ先生と一緒に、楽器づくりと演奏を楽しみましょう〜♪


----------------------------------------------------------------

「ヘアピンカリンバをこしゃってみよう!」【当日受付】

<日時>2020/2/9 Sun  10:00〜15:00

 <場所>こしゃってマルシェ広場屋内会場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

 <内容>薄い杉の板とヘアピンを使って「カリンバ」づくり。完成したら演奏してみよう♪

 <講師>工房げるぐど カツヲ先生

 <参加料>200円(当日随時受付)

 <対象>ちいさいお子さんは親御さんとご一緒にどうぞ^^

----------------------------------------------------------------

こしゃってマルシェ 冬

<日時>2020/2/9 Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地) 

----------------------------------------------------------------

工房げるぐど 

「げるぐど 」は、庄内弁であしのはえたおたまじゃくしのことです。 大人と子どものあいだで身の回りからわくわくを生む創作工房です

冬のこしゃってマルシェでは、『庄内弁カルタ大会』開催します!!!


「ちょっと待ってそれどういう意味や?」

「そんげだ庄内弁だば久しぶり聞いだの〜!」

そんな会話もしながら、庄内弁を味わい楽しむカルタ大会。

ネイティブな庄内弁を操るくしびき語りっこの会 森久子さんを読み手にお迎えし開催します!


ちょこっと時期外れ!?

いえいえ、冬だし屋内でゆっくりカルタ取りもいいものです。


そもそも、この庄内弁カルタ大会をやりたい!と思ったきっかけは、地元櫛引中学校のみなさんに書いていただいたアンケート。

そこには、櫛引のいいところとして「庄内弁がいい!」というコメントと、櫛引の残念なところとして「庄内弁が時々何を言ってるかよくわからない」というコメントがありました。


確かに〜!

地元っ子としては、庄内弁の響きに安心感を覚えるものの、あれ?これどういう意味だろ?という瞬間も多々ありました。これはこしゃってマルシェの場で楽しく味わうのにピッタリかも!そんな話から、動き出した今回のカルタ大会。


こしゃってスタッフが大事に保管していた、(一度もカルタをせずに眺めて…)はんどれいさん制作の『世寸22号 庄内弁カルタ』で庄内弁カルタ大会!とあい成りました。この庄内弁カルタが実におもしろい。昔語りで活動されているくしびき語りっこの会 森さんも大絶賛で、庄内弁の愛くるしさも荒々しさ(!?)も、たくさん詰まったカルタなんです。


10:30〜12:00の間で、だいたい3セットくらいカルタ取りをしようと思っています。丸々1回参加したい方は下の時間を目安に、一回分参加せずに途中参加・途中退場もOKですので、当日みんなで庄内弁カルタを楽しみましょう!


庄内弁堪能な大人はもちろん、学生さんも、IJターンの方も集まれ〜♪


〜じかんの目安(だいたいです)〜

① 10:30〜

② 11:00〜

③ 11:30〜

10:30〜12:00くらいの間で3セットやります。

//////////////////////////////////////

<日時>2020/2/9 Sun 10:30〜12:00   申込み不要・参加は無料です。

<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)屋内 カルタ大会スペース

読み手:くしびき語りっこの会 森久子さん。

協力:はんどれい株式会社(世寸22号の庄内弁カルタを使います)

special thanks:櫛引中学校のみなさん

//////////////////////////////////////

こしゃってマルシェ冬

<日時>2020/2/9 Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

  ※冬季は屋内2会場にて開催

//////////////////////////////////////


一時は途絶えかけた宝谷地区(櫛引)の在来作物『宝谷かぶ』。

食べたことがある方はどれくらいいるでしょうか?


私たちマルシェスタッフも、過去にワークショップで味わおうと宝谷かぶを分けてもらい、そこで初めて口にした人が多かったような状況で、家庭ではなかなか味わえなくなってしまった在来作物。その甘さと爽やかな辛みのバランスが軽やかで、なんとも美味しく驚いた(!)のを覚えています。


この宝谷かぶ。

かつては、宝谷地区にあるほとんどの家庭で栽培され、冬の間の食糧として重宝していました。時代が流れるにつれ、大量生産化、後継者不足などで衰退し、今では、昔ながらの焼畑農法で栽培されている方はわずかとなってしまい、残念ながら、なかなか食べる機会も少ないような状況です。


今回は、この宝谷かぶを、スライスして生で、すりおろして、干したものを郷土料理として…じっくり味わってみるワークショップです。


そしてなんと、お家に帰ってからもご家族と味わっていただけるようにお土産を!

宝谷地区から、今シーズンの宝谷かぶと、「幻のかぶ宝谷かぶのかぶらないレシピ」(かつて作ったこれまた幻のレシピ)をプレゼントいただけるそう。なんて素敵なお土産♪ご自宅でもぜひお楽しみくださいね。


まだお席に空きがあります!親子でのご参加はもちろん、本企画にご興味ある方は大人のご参加も可能です。ぜひご参加ください。

----------------------------------------------------------------

短編映像『在来作物で味覚のレッスン』予告編

----------------------------------------------------------------

《冬WS》親子で宝谷かぶを味わおう「在来作物で味覚のレッスン」【要申込み】

<日時>2020/2/9 Sun  13:00〜15:00

<場所>こしゃってマルシェ広場(山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地)

     生涯学習センター内 2F畳のお部屋

<内容>宝谷かぶのお話 / 短編映像『在来作物で味覚のレッスン』(25分)上映 / 農的暮らし研究所 こまつかおるさんのお話 / 五味と宝谷かぶを味わう試食会

<講師>農的暮らし研究所 主宰 こまつかおる

<参加料>お一人500円(1組に1冊パンフレット付き)

<対象>親子、大人のみの参加も可

<持ち物>エプロン、髪をまとめるもの(髪の長い方)、タオルかハンカチ 、飲み物(水筒orペットボトル)

<主催>宝谷地区・地域おこし協力隊 小玉恵美子

<協力>鶴岡市宝谷地区

<申込み方法>

以下の申込みフォームからお申し込みください。2/8(土)締切。申込多数の場合は、定員に達しましたら締め切らせていただきます。

お申込みフォームはこちら

※食材の準備の関係で、直前のキャンセルはお控えください。直前のキャンセルの場合は食材費をお支払いいただくことがありますのでご了承ください。

----------------------------------------------------------------

こしゃってマルシェ冬

<日時>2020/2/9 Sun 10:00〜15:00

<会場>こしゃってマルシェ広場(住所:山形県鶴岡市三千刈字藤掛1番地) 

※冬季は屋内2会場にて開催。   

----------------------------------------------------------------